頭皮を清潔にしておくのが薄毛を防ぐ一番目の条件

スカルプケアの重要性※まずは頭皮を清潔に保つこと

自分は発毛のための基本は頭皮の清潔さと感じるので、日々洗髪してますが、果たして自分の地肌の状態は健全なのか。

日々シャンプーをするのと、地肌が良好なのかは同じではないかもしれないと感じてきました。

頭からの悪臭を消すために知人ヘ相談したら、シャンプーした後の乾燥の仕方が原因の一つだと習いました。

しっかり乾かさないと、頭皮が乾ききらない状態になり、悪臭の原因となるうえバイキンが繁殖してしまい非衛生となるそうです。

さらに乾かすだけで根元に厚みがでるのです。

髪の洗浄で抜け落ちる髪が少なくなりました。

健全を保った頭部に養毛剤を使うことで、成分がグッと浸潤しやすくなり、育毛に手を付ける以前よりも髪の毛の1本1本にキューティクルが感じられたので、やり続けてみるつもりです。

地肌の状態が清潔であるかは薄毛を防ぐ一番目のステップだと考え始めました。

自分は育毛対策に大事な事だと思っているので、毎日欠かさずシャンプーしているのですが、ただそれだけで私達の頭皮の状態は健全なのかと感じます。

毎日シャンプーをするということと、頭皮の状態が健康的か否かというのは別の話だと思い始めているのです。

養毛に関する疑わしい点を改めてみました。

まずは適度なシャンプーに気を留めるということを決めました。

爪を立てて洗浄せず痛めないように洗浄するよう肝に銘じたのです。

それによって、シャンプーした後に地肌がごわついたり刺激を感じなくなりました。

対策をとりはじめてしばらくは普段の脱毛の状況にめぼしい結果はありませんでしたので、期待外れだったのかな?と思いましたが、数か月程すると、驚くことに少し髪が増えてきたのです。

というわけで、結局は頭皮の状態が衛生的かそうでないかということが薄毛を防ぐ最初の一歩だと思うのです。

パソコンで育毛に関係する情報をチェックしていて、自分の地肌はキレイなのかそうでないか疑問に思うことになったのです。

例えば過度なシャンプーが逆に地肌を守る力が低くなって、ダメージを受けるとわかり恐ろしかったです。

気をつけて洗っていても、中の皮脂が詰まったままの状態ではダメなのです。

毛穴の汚れに意識し頭皮ケアブラシで洗ってみました。

予想していたより汚れをすっきり消し去り、血行を良くすることにもなります。

さらにはリラクゼーションをされているようで癒しになりお薦めです。

現代は過分なくらいに不衛生を嫌うらしいですが、薄毛ケアをきっちりと実践していても実際のところ頭皮は不衛生である状況が多いと深く実感しました。

育毛対策について行きづまっている方はこのような点からも育毛の環境が健全であるかを再確認するのもおすすめです。